キャッシング審査

 

キャッシングの審査

住宅ローンの審査ほど、丁寧かつ詳しく厳しい審査も聞かないですが、順に車のローン、クレジットカード、と下がっていくとほぼラストにキャッシング会社の素早く
簡単で基礎ポイントを突いた審査という順番になるでしょう。
おおよそどちらのキャッシング会社も、満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する「給与所得者、自営業者、パート・アルバイト、派遣・出向・委託社員、主婦(専業主婦除く)学生の方で、会社基準を満たす方。と謳っています。

 

審査基準ですが、借りる人の勤務形態や資産状況などによって、返答が違ってきます。通常、年収や勤務形態(パート・アルバイト・主婦・会社員・自営業・フリーの方など)を貸金業者が判断して、この人にいくらまでなら貸せるのか?という訳柄を審査します。

 

上記以外でも、たとえば過去のキャッシング返済履歴などを確認し、その比重が重いかどうかで、貸せるのか、貸せないのかを決めます。
あなたへの信用があるかどうかの判断が審査になってきます。

 

世俗的にいえばキャッシング会社によって審査の「甘い」「厳しい」という基準はそれぞれに存在しますが、融資を受けられる人の基本は、
もちろん「一定の収入が定期的にある人」です。
ですから、どこの会社でも審査の時には「勤務先」を必ず確認します。
ただ、「今は無職で、とても困っている」という方なども、派遣社員登録や、パート、アルバイトを始めれば、融資可能な会社もあります。
審査基準は各会社で違いがあるため、審査が不安な方でも意外に融資してもらえるケースがあります。ただし1ヶ月以内に3件以上の申込みなどをすると、審査落ちする場合がありますので、お申込みの際は最大3件までに止めておくことと消費者金融ランキングを参照することをおススメします。

 

キャッシングの審査はどうなの?

一般的な話でいいますと住宅ローンや車のローンなどの審査を行いローンがやっと通ったりすることに比べれば、キャッシング会社のカードローン審査は「甘く」見えるでしょう。ましてや借り入れする金額も違うので、ローンの重軽感も違ってくるのは当然です。

 

しかしながら、キャッシング会社でお金を借りるには、金融会社固有の借り入れ審査があり、すでに複数の借り入れ債務がある場合、 多重債務者と認定され、
審査に通ることはきわめて困難となることは必然です。
そしてそれは、キャッシング会社共通の「信用情報機関」にリストアップされており、審査の過程で金融会社が
信用情報機関にアクセスし、債務の多いことが露見されているからに他ありません。

 

借りたい人なら誰でも借りられるのがキャッシング、なんてことはありません。
ちゃんと「一定基準を満たして」いないと借りることができません。
しかしいいかえますと、「仕事を持ち最低限の基準」が通れば、借りられますということですね。

 

まとめますと、たとえ主婦でもフリーターでも学生でも、「パート・アルバイトなどの一定収入があり」自身の信用状況が
良ろしければ、複数の借り入れ歴がある会社員よりも借りられる確率が高いとなります。
また借りるキャッシング会社によって審査基準が異なりますので気になる方は会社の公式ホームページで問い合わせをしてみましょう。

キャッシングってどんなもの?

約45年前から始まり、20年位前までキャッシングというよりは、どの人も「サラ金」という言葉の方が、定着していました。
語源は「サラリーマン金融」からきていて、当時銀行融資が受けられない方や、事情で即金を借り入れしたい方などに、融通が利きサラリーマンだけでなく、様々な方に無担保で融資が出来ました。

 

また名称は、街なかにお金貸し業者があることから街金(まちきん)や、高い金利を特徴とすることから「高利貸し」とも呼ばれていました。
しかし1980年代頃から女性(OLや主婦)、自営業者などの契約も多いとして、「キャッシング」の名称がよく使用されるようになりました。
その背景には過剰な融資や高金利、過酷な取り立てにより「サラ金地獄」という言葉がたびたび使われるようになり、「サラ金」のイメージが著しく悪くなったことから、2005年に業界が新たな名称として「キャッシング」の使用を推し進めました。

 

現在は、昔のように営業店に出向いて返済をするということは、ほとんどなく銀行やコンビニでの振込、各ATM、などの返済方法がたくさんあり便利になっています。さらに街中でATMのようなタイプの無人契約機というものも見かけます。また銀行から融資を受けるときと違って、使用の目的を告げずに融資を受けることができますし、審査も簡単なものになっているので、現在は10人に1人の割合で利用されているようです。